よくある質問

詳細のお問い合わせ先はこちらです

 

Q.分別において特に気をつけることは?
サークルにおける分別は、4区分です。 
また、禁忌品を取り除いてください。 
 
 

Q.用意することは?
回収場所を設けていただく必要があります。 
回収場所までは会員で分別し集めてください。 
分別容器には、サークルから3,000円の補助があります。 
 
 

Q.シュレダー処理した紙は?
シュレダー処理した紙はサークルの活動対象外です。 
機密文書の資源化については、株式会社ジェスコをご利用ください。
 
 

Q.封筒等に張ってある住所等を記載した「ラベル」ははがす必要があるのでしょうか?
はがす必要はありません。 
糊類は、古紙として混入することを前提にラインができています。 
段ボール等に張ってあるシール類(例えば「われもの注意」)も同様です。
 
 

Q.段ボール等に古紙を入れ収集することを考えていますが、用いる段ボールは粘着テープ等で補強しても回収してもらえるのでしょうか?
回収場所におかれた状態で回収していきます。 
ダンボール以外は、ダンボール箱などに入れて、回収会社がトラックに載せやすいようにしてください。 
細かな点は、回収会社様とご相談いただくことになります。 
 
 

Q.禁忌品は絶対に入れないように注意を喚起するつもりですが、万が一入っていた場合には回収後に返却等の措置がとられるのでしょうか? それとも請求額から資源としての金額分を差し引かれない(+処分代?)だけなのでしょうか?
回収後の返却措置はありませんが、 
分別されていなければ、古紙といえども単なるゴミです。
そんなに厳密なルールではありませんが、サークルの本旨でもある地域完結型再資源化のサイクルを回すのは、会員の意識と自律が大切です。ご協力ください。 
禁忌品の混入がひどい場合は、相談させてください。
 
 

Q.古紙の分別区分で分からないものが出てきました。物は、機械部品の梱包材(保護目的)で、厚さ12mm位の厚紙製です。※写真を添付します。参照ください。この梱包材は、厚紙として「その他の紙類」になるのか?それとも「段ボール類」として処理できるのか?はたまた、リサイクルできない「禁忌品」扱いなのか?

拝見しました。 入れても雑誌ということでしょうが、雑誌としてもたぶん低質なものになります。雑誌でも、良質なものが混ざっていてそれでOKということです。もし、こればかりだと雑誌としてとっていただけないと思います。 リサイクルできるかどうかではなく、雑誌としての単価で出すのはフリーライダーになるということだと思います。 ですから、石黒商店さんは雑誌としては、収集してもらえないかもしれません。 石黒商店さんに相談してみてください。 ただ、石黒商店さんも「リサイクルできないよ」と言っておしまいだと発展が ないので、今後大量にでそうなら、一度、事務局として、分析してみる必要が あるかもしれません。ただ、立山製紙さんにいわせると、こういう包装材も 一つ一つ違う。十把一絡げでgood nogoodを判断することはできないと 私に強く言われています。 ただ、立山製紙さんも、よい原料を得るために、なるべく避けたいということ だと思います。リサイクルには費用がかかり、誰がその応分の負担をするか ということだと思います。 元をたどれば、どういう包装材を使うのがいいかということに行き着きます。 古紙には0か1かではないところが難しいです。



(1)何が出せて何が出せないか
出せる出せないの境界線が非常に難しく、0か1かということは言えません。 ただ、大きな目安として「紙の繊維分がどれだけとれるか」という視点が大切です。 もう一つは、紙の繊維分としての潜在能力があっても「溶けにくい紙」は、それだけ リサイクルに適しません。最後に、インキや炭酸カルシュウムなど、紙に含まれている 繊維以外の化学物ですが、こちらは、環境に悪いものが使われないという前提でいえば、 そんなに気にする必要がないと思われます。 紙の繊維がどれだけあるか、溶けやすいか溶けにくいかを見分けるのは難しいですが、 ただ、プラスチックでできたダンボールは、明らかに紙ではないとか、常識的な範囲 でリサイクルの方に回してもらえたらと思います。 今は、紙あまりの状況ですが、いかに紙を繊維を効率的に集めるかという視点で 古紙の資源化に取り組んだらいいのではないかと思います。

(2)古紙として出せないものはどうするか
古紙として出せないものの処理ですが、これは、焼却の方に回すか、直に埋め立てる しか方法はありません。つまり、最初からそういう紙や原料、包装を使わないことが 重要です。紙は製造された時点で「リサイクル負荷」が決まっていると言ってもよい と思います。取引先とも相談して、こういう包装は使わないとか、グリーン購入が 大事です。ただ、どの包装がいいとか、リサイクル負荷を総合的に調べたものは、 全国ベースでも見当たりません。サークルとして、この点を少しクリアにしたいと考えて います。 

(3)なぜ分別する必要があるのか
2段階に考える必要があると思います。 まず、紙と紙じゃないものの分別。 紙でないものが混ざると紙じゃないということです。単なるゴミと言ってもいいでしょう。 紙資源とはいえません。燃料として、RPF、サーマルリサイクルということになります。 もう一つは、紙の種類の分別の必要性です。 一言でいえば「古紙は種類により用途が決まっている」ということです。 古紙資源化は基本的には、カスケード利用(グレードをさげつつ再利用)を前提としています。 分別しないと上質な紙としての潜在能力が活かされず、低質な紙としての運命をたどること になります。また、低質な紙は、板紙などに利用されますが、板紙などは、古紙利用率が高く これ以上、低質な紙が回収されても利用ルートがありません。 分別して、上質紙を上質紙として回収すれば、コピー用紙やトイレットペーパーなどの 原料として再利用されます。古紙使用率を上げるポイントは上質紙回収です。 機密文書のリサイクルは、上質紙を回収する手段として有効であり、企業として環境社会性の ある取り組みです。

(4)出し方についてのポイントは
出し方についてのポイントは、なるべく縛らないということです。 縛るひもも基本的にはゴミになります。 紙ひもであっても、とけにくいとか、紙質が違うとか、多少問題もあります。 最近はパッカー車による収集が増えてきました。縛らずに、コンテナに積んで集積 しておくのがベストです。事務所内でコンテナに集め、いっぱいに なったら、その上にまたコンテナを置いていきます。3段くらいにまで一杯になったら、 別の集積場所に持っていくという方法が一番いいかと思います。 コンテナであれば、分別箱のように、集積場所で人間が移し換える手間も省けます。 サークルではコンテナを推奨します。コンテナは、1箱1,000円程度で売っています。 ただし、コンテナはパッカー車による収集が前提なので、回収会社と事前に 相談ください。 

ページトップへ