とやま古紙再生サークルの規約
 

ホームへ戻る
〔総則〕 
1.本会は、「とやま古紙再生サークル」と称する。 
2.本会は、オフィスなどから排出される古紙を資源として有効に活用するため、効率的な古紙リサイクル活動を展開し、リサイクルの社会的拡大、定着に寄与することを目的とする。 
3.本会は、前項の目的を達成するため、次の事項を行う。 
   (1)オフィスから排出される古紙の分別方法の適正化指導 
   (2)回収古紙を原料とした再生品の使用および普及、拡大 
   (3)古紙リサイクルに関する情報の収集および提供 
   (4)会員相互の交流、情報の交換 
   (5)古紙リサイクルに関する調査・研究 
   (6)その他本会の目的を達成するために必要な事項 

〔会員〕 
4.本会の会員は、富山県内の企業、自治体、学校、各種団体等であって、会の趣旨に賛同したもので構成する。 
5.会員となるには、第2項の目的に賛同し本規約を承認のうえ、会長に入会承認を受けるものとする。 
6.会員が本会を退会しようとするときは、1ヵ月前までに予告し、年度の終わりにおいて退会することができる。 

〔組織〕 
7.本会には、次の組織を置く。 
   (1)総会 
   (2)事務局 
8.総会は、会長が必要と認めたとき、または会員の過半数から要望があったときに開催する。 
9.事務局は、次の事項を取りまとめ、本会のホームページ上で公開する。 
   (1)活動報告および収支決算 
   (2)活動計画および予算 
   (3)本規約の制定および改定 
   (4)その他本会に関する重要な事項 
10.事務局は、富山市牛島町15-1 北陸電力(株)環境部内に置く。 

〔役員〕 
11.本会には、次の役員を置く。 
   (1)会長(1名) 
   (2)監事(1名) 
   (3)事務局長(1名) 
12.前項の役員は、再任を妨げない。なお、各役員の諸事情により退任しなければならない場合は、会長が承認した者が、後任を努める。 
13.会長は、本会を代表するとともに、総会の招集および議長を務める。 
14.監事は、本会の収支決算について監査する。 
15.事務局長は、会長を補佐し事務局を統括するとともに、会長に事故あるときは、代理を務める。 

〔その他〕 
16.新規に加入する会員が、分別回収容器を購入した場合は、申請に基づき1台あたり3,000円の補助を行うものとする。ただし、補助の上限は5台とする。 

以上 
(付則) 
この規約は、平成12年4月28日から施行する。
平成14年5月22日改定(18条19条、会費の改定、スクール会員の新設、補助上限台数の改定)
平成15年5月27日改定(18条、その他会員会費の改定)
平成18年5月31日改定(組織、役員、会費その他について全面改定)


ホームへ戻る