古紙再生実験

富山大学工学部の加賀谷先生にお願いし、光陽小学校で古紙再生実験を実施しました。

工学部の学生2名北井さん、三輪くん)に手伝ってもらい、いろいろな古紙を使って
小学5年生の子供たちと再生紙を作りました。
日 時  平成17年11月2日(水) 13:50〜16:00
場 所  富山市立光陽小学校 理科室(富山市二口町1-4-1
人 数  5年生 10

  

    実験前の記念撮影@↑三輪くん             実験前の記念撮影A↑北井さん

  

    加賀谷先生による説明開始                 熱心に古紙のリサイクルを説明中

  

   加賀谷先生の説明はおもしろい               実験中(ミキサーでジャーっと)

  

     実験中(ミキサーで次々と)               実験中(ビーカーに入れる)

  

      実験中(ろ過してます)                実験中(アイロンで乾かす)

  

   きれいに出来上がり、実験完了!                加賀谷先生に質問中
 

        一人ひとりが感想を発表
 
古紙再生実験について
子供たちが古紙の再生実験に取り組み、楽しみながらも「なぜ、泡が出るのかな?」、「なぜツルツルにならないのかな?」、「なぜ元の紙の色と違うのかな?」と疑問をもち、リサイクルについて考えているのを見て、これからも機会を見つけて古紙再生実験のPRをしていきたいと思いました。
 とやま古紙再生サークル事務局 宮崎