古紙リサイクルの用語解説


ホームへ戻る
古紙リサイクルを理解するための用語解説

感熱紙とは?
・・・・加熱やアルコールで発色する性質を持つ用紙。熱転写プリンタや家庭用FAXなどで利用されている。
参考ページ http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q17.html
http://www.kami.jp/
画像            

感熱発泡紙とは?
・・・・点字などに使用されている。熱を加えたところが盛り上がる紙。
参考ページ
 

カーボン紙とは?
・・・・昔ながらの黒または青の紙です。裏カーボンやノンカーボンの普及により需要が減ってきています。
参考ページ
   

裏カーボン紙(ノンカーボン紙)とは?
・・・・感圧紙ともいわれます。ボ−ルベン・鉛事等で紙の表面に文字を書いていくと,加えられる圧力で,色を出させる役目を持つマイクロカプセルが破壊され,中の発色染料が下の用紙の薬剤と結びつき色が出てくるので す。
参考ページ http://www.kami.jp/
http://www.toppan-f.co.jp/product/WHY/ncb_ans.html
      

ビニールコーティングとは?
・・・・紙の表面にビニールコート処理が施されている紙。ラミネート加工など。
参考ページ
  

ロウびきとは?

・・・・ロウ加工が施してある紙。耐水性に優れている。

参考ページ
    

油びきとは?
・・・・油により紙に加工が施されている。水をはじく性質をもつ。?
参考ページ
 

クラフト紙とは?
・・・・色は白、クリーム、茶があり、包装用の丈夫な紙です。包装用が主用途ですが、印刷や型紙、ペーパークラフトなどにも適します。
参考ページ

http://www.kurieisha.com/faq/faq6.shtml#6-6
http://www.nifty.ne.jp/forum/fpaper/artpaper.htm

 


合成紙とは?
・・・・原油を材料とした紙です。特徴は、濡れても破れに くいということと、折り目をつけても元に戻るということです。屋外ポスターやショッピングバッグ、 地図、投票用紙などに使用されています。
参考ページ http://www.nifty.ne.jp/forum/fpaper/artpaper.htm

 

スチロールボードとは?
・・・・紙に発泡スチロールを付着させたもの。
参考ページ
 

木材チップとは?
・・・・紙の原料となるもの。これは木を細かい小片状にしてそれを溶かして紙を作るのですが、小片状にしたものをチップと呼んでいます。
参考ページ http://www.kiwi-us.com/~scc//ud/22b.html
 
パルパーとは?
・・・・製紙工場に運び込まれた古紙は、最初に水(製紙工場では循環使用され、白水といいます)を入れた巨大なミキサーのようなパルパーという機械に投入され、底にある羽根の回転力によって水と混ざって繊維にほぐされます。
参考ページ http://www.prpc.or.jp/koshi-hanashi.html
 
漂白とは?
・・・・できたてのパルプは茶色です。このパルプをそのまま紙にすると茶色い紙ができます。白い紙を作るためには、このパルプを白くするために漂白という行程が必要です。 はじめは茶色だったパルプも数段階の漂白行程を経て白くなります。
参考ページ http://www.paperokamoto.co.jp/study/virtual/mac/vir_m1.html
リグニンとは?
・・・・木材は繊維がしっかり結びついてできています。この木材繊維を結びつける接着剤の役目をしているのが、リグニンという物質です。紙は長期保存の過程で黄ばんだり変色したりする褪色という現象が起こりますが、それはリグニンが紫外線により化学変化を引き起して、褪色が進むのです。
参考ページ

http://www.paperokamoto.co.jp/study/virtual/mac/vir_m1.html     
http://www.kamipa.co.jp/consul/saisei/saisei03.html

 
バージンパルプとは?
・・・・木材から紙を作るにはまず、原料の木材を細かく削ってチップにし、熱や薬品を加えて繊維を抽出、加工してパルプを作ります(これをさらに加工して紙が出来る)。この時作られる、木材からの新しいパルプがバージンパルプと呼ばれます。このパルプからは強くてなめらかな紙ができます。
参考ページ http://www.kankyonet.com/KANKYONET_YOUGO/yougo_ha.html
  
再生紙(古紙)とは?
・・・・原料に古紙を配合した紙です。再生紙は古紙に含まれるインクを抜く脱墨の工程等が必要なため、バージンパルプだけでつくった紙よりも割高になりますが、急増する紙ごみと原料である森林資源保護のため、再生紙を導入する官庁や民間企業が増えています。
参考ページ http://www.kokuyo.co.jp/ecology/eco_word/seiseishi.html
  
非木材紙とは?
・・・・非木材紙とは木材パルプ以外の資源から作られる紙のことで、あらゆる植物が原料となりま す。木材に比べて成長が速く栽培もしやすいため、木材パルプの補完材料として期待されて います。 ケナフやバガス(サトウキビのしぼりかす)、竹、コットン等が挙げられます。
参考ページ http://www.kokuyo.co.jp/ecology/ecoecho/ecopaper.html
http://www.kami.co.jp/mame4.htm
脱墨とは?
・・・・新聞、雑誌は古紙にする場合『脱墨』という作業が必要になります。『脱墨』とは読んで字のごとく印刷されているインキを、薬を使い化学的にインキを水中分解させ、分解されたインキと木の繊維に分けて再生パルプを作る作業です。脱墨された紙の繊維は短くなります。
参考ページ http://www.paper.co.jp/recycle/recycle-paper.html
http://www.jade.dti.ne.jp/~simcom/gomi/Cory_dic.html
逆有償とは?
・・・・自治体や回収団体が回収した再生資源を、処理費を上乗せして回収業者に引き取ってもらうことです。自治体や回収団体が、紙やアルミ、鉄くずなどの再生資源を、処理費を支払って回収業者に渡しています。
参考ページ http://www.matec-inc.co.jp/NewsInfo/dictionary/infomation_kankyo02.html
 
エコマークとは?
・・・・(財)日本環境協会が認定するマークで、資源を再利用した商品や環境への負荷が少ない商品に表示されます。平成11年9月末現在、68類型3,310商品が認定されています。
参考ページ http://www.city.naruto.tokushima.jp/clean_city/earth/yogo.html#top
http://www.eic.or.jp/term/syosai.php3?serial=21
再生紙利用マーク(Rマーク)とは?
・・・・Rの次に古紙配合率(=(古紙+購入古紙パルプ)/全繊維原料)を表示し、古紙の配合率を容易に判るようにしたマークです。また、白色度の表示にも併記する事ができます。ごみ減量化のために設立されたNGO、ごみ減量化推進国民会議で定めたものです。
参考ページ http://www.mimoriya.co.jp/m_html/kankyo/kan_you1.html
   
グリーンマークとは?
・・・・古紙を40%以上使用した雑誌、トイレットペーパーなどの商品につけられているマークです。学校、町内会等を単位として一定数を集めると苗木と交換してもらえます。(事務局:古紙再生促進センター)
参考ページ http://www.pref.ishikawa.jp/kankyo/recycle/yougo.html
http://www.city.naruto.tokushima.jp/clean_city/earth/yogo.html#haigo
パッカー車とは?
・・・・ダンボール・紙くず・廃材などを圧縮し、能率よく運搬する車です。
参考ページ http://www.marutoku-kogyo.co.jp/tra-a.htm
 
禁忌品とは?
・・・・古紙リサイクルを進めるうえで製紙の原料として使えないものを言います。使えないだけでなく、禁忌品が混入することで、出来上がった紙の製品価値がなくなったり、製紙工程のトラブルを引き起こします。
参考ページ http://www.pref.ishikawa.jp/kankyo/recycle/yougo.html
 

制作:北岡未来さん


ホームへ戻る